Rのアーティスト

もがいて溺れている人には見ているだけだが岸にたどり着いた人は助ける人

お金のこと

お金の正体

日本銀行券(現金)も仮想通貨である。 現金ってあたかもそこに価値が確かにあるような意味に受け取れてしまうが、実はない。 大昔はあったのだ、純度の高い金貨や銀貨、現代の現物資産のような形でお金は存在していた。だから価値があると人々は信用した。…

世界を裏で操る悪の支配者なんていない

そんな人たちそんな組織はおらず、正体は自分である。 凡ゆる社会問題、陰謀論その全てをだれか得体の知れない組織や人のせいにした集団催眠なのだろう。実態のないお金をみんなが信じるように、生きにくいと思っているこの世の中はあなたが作っている。 現…

自己肯定感と自己価値、そしてモチベーション

思考タイムです。 私は普段お金を ・レッスン代 ・トレーニング用品代 ・カフェ代(考える時間・空間代) ・食費・日用品 ・ネイル(月に一回) ・美容院(半年に一回) ・マツエク(2ヶ月に1回) ・産婦人科受診料 しか使っておらず、服も買わないし、飲み…

長年のあらゆる問いが解決したたった一つの公式

ずっと疑問だった どうして私は社会に馴染めないのか ふつうでいられないのか 資本主義社会の中で どうにも生きにくいこの現実 たくさん行動して試して 工夫して失敗して成功して それでも強か残るコレジャナイ感 それを解決したのはたった一つの公式 その公…

絵画にお金を払うという価値観

クリエイターとして相手がいての制作と、アーティストとしての宇宙に向けての創作と、エンターテイナーとしての観客に向けての表現って同じ「つくる」かもしれないけど、全く種類が異なるもののように感じる。 それで「絵にお金を払う」「舞台にお金を払う」…

育った環境がダイレクトに現れるお金の感覚

子は親からいろいろなものを受け継ぐけれども、「お金の感覚」これはなかなか根深いところに長きにわたり植えつけられるものだ。 良いもの持ってる人なのに、ここがダメなんて、笑止千万。そう言われることを私は非常に恐れていた。 ここ最近、私たちはたく…