心踊らない今日なんていらない

人生ドン底からの逆転学

モノの見方、ざっくり3タイプ「長距離型」「中距離型」「短距離型」

夫婦は話し合いが欠かせない。ましてや私たちは共に事業を興していこうと考えているし、そもそも子育てや生活は一大事業のようなものなのでビジョンややることのすり合わせ、そしてほんの少しの違和感なども互いに指摘しあったり、話を聞いてもらったり聞いてあげることでうまく稼働している。

 

「人と自分は違う」

 

ということが案外わかってないんだな!と人と深く話すたびに思い知らさせる。誰もが自分と同じような感覚や考えを持っているとは流石に思わないが、それでも「全然違う」の全然がどれくらい全然なのかまではやっぱり触れてみるまで気付けない。

 

今回は「目標」や「ビジョン」「日々の視点と10年後の視点」「ミクロとマクロ」というものの見方が全く違うことを夫と話してて衝撃を受けた。

 

人は程度の差はあれ目標達成のためのビジョンを描く力にも

長距離走

中距離走

短距離走

がいて、これらは

長距離走型→ロマンや理想を強く持てるアーティストや社長タイプ
中距離走型→非現実的なロマンをどう実現するかが得意な副社長やプロデューサータイプ
短距離走型→プロジェクト化されたものを細かく処理しやすいものにし指示、管理するマネージャーやチームリーダータイプ

 

になることがここ最近わかった。(私調べ)私は思いっきり【長距離走型の生粋のアーティスト、社長タイプ】なので、遥か彼方すぎて今のここからは見えそうにもないビジョンもありありと描け、目先のことで判断しないので他人からは「そんなの怖いよ」と思われる決断も長期スパンで見たときには取るべき選択なことも多々あるのでバンっと潔く決めることができる。そしてロマンや理想の中で生きていて、現実派からしたら「希望的観測で語る脳内お花畑ちゃん」である。

社長やアーティストはその個性がむしろ大事である。私はその大きな理想をボトムダウンして日々にまで落とし込まないとその目標はまさに絵に描いた餅になることも動物的勘でわかるので、これを苦手ではあるがボトムダウンするためにピントを中距離、短距離と近づけ「現実的思考」に一生懸命合わせ実行してきた。

 

規模感が個人の中途半端なダンサー止まりであればこれでも問題はないし、不自由もなかったのだが、明らかに現在打ち止め感を感じるし、下火なことに焦って何かが空回りし、エネルギーがうまく循環されていないとか、私が私らしくない方向に行ってしまうモヤモヤを感じていた。

できるからやるではなく、「あ、私できないわ」ということに気がついた。完膚なきほどに「あ、できない」ってわかった。それまでは「私の方ができるし、自分の舵取りは私にしかできない」くらいに思ってまぁまぁ生意気だったのだが。いや、そのプライド本当に恥ずかしいよねって思えるくらいやりきったでもできなかった!!!

 

そして元来「中距離型」「短距離型」は鼻くそほじりながらできるくらい簡単なことなわけ。それを「私だってできるもん!」って徹夜でもしてやろうとする私は愚かである。

 

あそこに行こうと決めたとき、私レベルの中距離、短距離では太刀打ちできないし、長距離の方ももっとそこに集中すべし!!!!としか考えられないところにきていた。

 

夫と話していて、お互い笑ってしまった。

私が当たり前にできることが、夫にとってはちんぷんかんぷん。そしてその逆ももちろん起きる。何でこんな簡単なことができないの??みたいなことがお互いゴロゴロある。そして、自分の当たり前は人には非常識だったり理解不能なレベルのこともあることを知り、適材適所での協力体制を敷きみんなで繁栄の方向にガコンとシフトチェンジできた気がする。

 

自分と相手をよく知ること

よく知るには「まずはやってみる」がないとわからないこともたくさんあるが、修正を常にかけ続けるくらいによーーーーく自分と相手と空気感を観察することが大切だ。

 

大瀧冬佳はアーティストとしてやっていく

f:id:dancerfuyuka:20180927111110j:image

photo  by bozzo

 

と、決めると。魂が喜ぶし、心がほっこりあったかくなる感じもするし、顔もスッキリ穏やかになる。余計なこわばりがとれる。

 

よくよく考えたら、転けるときは不得手なことを一生懸命やってるとき。「生きるのが下手くそ」だとか「協調性がない」とか言われてしまうことにビクついて、自信をなくしどうしたらみんなと同じように「ふつうに」なれるかな、できるかなって思考に陥ると途端にものすごくよくない流れになって行ってしまう。

 

苦手を克服しようと苦手な部分にフォーカスするのは実は解決には結び付きづらい。全体のパワーは落ちてしまうことも多い。特に長距離走型アーティスト社長タイプは。

 

よくわかったのは、「中距離型」「短距離型」には嘘でしょ?って思われるくらい、ピュアで子供のように信じるし、吸収する。裏表がなく、なさすぎて裏があるのではないかと疑われがち。思い込みが激しい、裏を返せば全力で相手を信じる。先入観は置いて目の前の相手を真っ直ぐに信じるし、基本的に目の前のことに全身全霊で飛び込む。

 

なので、「あぁ、私ダメなんだ」ってなってしまうと全力で落ち込む。生きてるだけで公害かも…人様に迷惑をかけてしまうなら口を封じた方がいいかも、姿をくらますべきか…みたいになることもある。書いてて、やばい人だなって自分で思うけど…超絶不器用だ。

 

でもこれは良さでもある。なので、ソロ公演あたりから思っていたのだけど、私はマネージャーやプロデューサーにいてもらった方がずっと私らしく生きられるし、能力を発揮できる気がする。そう考えたら、また1㎏くらい軽くなった気がする。(ダイエットも思い込みで痩せられてしまうタイプでもある)

 

LINE限定でいろいろ送ってます。

友だち追加