心踊らない今日なんていらない

人生ドン底からの逆転学

少しだけ制限をかけると人生が見えてくる

自分の魂が望むこと。

これがハッキリ見えたら( ・∀・) イイネ!

でもそれを見る眼鏡は長年の我慢で曇ってきてしまい、とうとう見えなくなってしまっているかも。

 

あなたの本当に望むこと。

 

もしくは自由すぎて、自由に生けすぎて、どこへでも行けすぎて、どこへも行けずに。そんなふうになっているのかも。

 

どちらの場合も少しだけ制限がかかると人生が見えてくる。

 

私もまた自分の人生で今年の出産よりも大きめな出来事があり、1か月前の「何も望みはないんです」とか言ってた自分が消え去りました。

 

恐らく私は余裕だったのだ。もっとスリルが欲しくて、生きてる手応えが欲しかった。ぬるま湯にゆったり浸かるこの期間もとても良かったけれど、そろそろ本領発揮したい。

 

あなたの本領が発揮される日はいつ?

 

生きてる手応えはある?

 

思うより人生は短い。そして、この私で生きるのはこの1度だけ。魂はまだ生き続けるかもしれないけれど、私が私であるのはこの1度だけ。私、魂はこの先もずっとあると知ってから死ぬのが怖くなくなり、生きてることもどうでも良くなってしまったのがこの…2018年だったのだけど。

 

肉体を持つ歓び、命を育むことのできる身体に感謝して、やっぱり人間をもっとバカになって楽しもうと思う。多少、あいつ頭おかしいって言われる域も気にせず、自分の生を全うしていきたい。

 

望みを持つことで荒波を越えなければならなくなるけれども、望みもない人生はもっと辛い。虚しい。

 

私の本当にやりたかったこと、望み、生を全うするということ。これ叶ったら嬉しいな、いろんなものを内面も整理して、棚卸しをして、備えていきたい。