心踊らない今日なんていらない

人生ドン底からの逆転学

ダンスカンパニーUzmeの理念と私の話

Uzmeの理念

まずは己が美しくあること

いついかなるときも己の美學を全うすること

美しさとは感謝の心

 

森羅万象に感謝する日本の心を広める

2018.10.11

 

今が絶不調だからこそ

今は私は振り戻しにあっていて、とても不調だ。何もやる気が起きない、イライラする。これが幸せなことにイライラするという非常に卑しい状態である。

 

だからこそ、思い出すのだ。自分とはどんな人だったかを。今はとっても苦しい。こんな自分が嫌で嫌で仕方ない。大切な人にさえ当たり散らしたくなる。そんな自分はもっと嫌。だからジッと丁寧に淡々と見つめ直して小さなことから感謝をするのだ。

 

そんな風に悶々と脳みそこねくり回して考えていたら、Uzmeの理念がパッと湧いてきた。

 

これからの私は日本の心を広める

私が今までこんな育ち方をした理由、あの両親の元に生まれてきた意味、こんなに生き急ぎ、だけど最後まで踊ることはやめなかったことが全部繋がったようだ。

 

私はこの人生を、あの両親を選んで生まれてきた。そして、今後のやることも本当はきっと知っている。

 

どんなときも感覚を閉ざさないこと、自分に負けないこと、感謝すること。そういう生き方は日本に大昔から受け継がれてきた神の在り方なんだ。

突然に、私がカンパニー名をアメノウズメさまからお借りしたことにも意味があったのだ。

 

今後のお話の展開もその方向で間違いがない。

 

さぁ、2019年はいよいよ世界に向けて!!!