大瀧冬佳のブログ

もがいて溺れている人には見ているだけだが岸にたどり着いた人は助ける人

楔が溶けた日

3つ下の弟の雄真にエスコートしてもらった。
本当にいろいろあった。今まで。
私たち兄弟は茨の道を歩いてきた

 

f:id:dancerfuyuka:20190109213938j:image
f:id:dancerfuyuka:20190109213950j:image

f:id:dancerfuyuka:20190109213955j:image


f:id:dancerfuyuka:20190109213946j:image
f:id:dancerfuyuka:20190109213942j:image

バージンロードを歩くときに
そんなことを回想してしてしまっては
嗚咽が出るほど泣いてしまうに違いなかった

 

だからほとんど目も合わせられず
言葉も交わさず


ただただ手を引かれることしかできなかった

 


何も考えない
何も思わない
何も見ない

 

 

そうじゃないと泣いてしまって
真っ直ぐひかるくんの元まで
歩いて行くことが出来なそうな気がした

 

f:id:dancerfuyuka:20190109214033j:image

ベールダウンをしてくれたおばちゃんの目も見れず
込み上げてくるものが
熱く重たすぎて
ただただこちらも俯くことで
嗚咽を堪えることしかできなかった

f:id:dancerfuyuka:20190109213959j:image

私の親族が一堂に会して
俯瞰して眺めると
親族だからって大人しくない
圧のある団体で
こんな個性豊かなゲストの中でも
全然負けてない私の親族

濃い血を、感じた

f:id:dancerfuyuka:20190109214254j:image

あぁ私戻ってこれてよかった
そして私が命かけてる仕事とかダンスとか
それから私が愛した人や可愛い子供たち
そういう今、私の宝物を親族にお披露目できて
安心してもらえてよかったなと思う

 

 

私は母にそっくりで
おじおばにとっては妹で
おばちゃんたちには従姉妹で
そんな母の早すぎる死は
やっぱりみんなの心のどこかに
ずっと楔のように打ち込まれていたんだと思う

 

そして遺された私たち兄弟に
親はなくなり社会にポーンと
裸で中高生でほおり出されたようなもの

 

気持ちはあっても現実は
なかなか助けるに助けきれない

 

本人の力でしか這い上がれないものなんだ

 

だからこの式はきっと親族みんなにも
重い荷物をおろして自由になる
そういう式でもあるんじゃないかなって思ったんだ